30代無職の田舎者でも書けるようになったライティング5つのチェックポイント

a1640_000229

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 4 秒です。

ライティングスキルを確認してください

こんにちは、30代無職の田舎者、キムラです。

ライティングスキルについては
当初から悩みの種でした。
そこで、次のような5つのチェックポイントに
(なるべく?)気をつけて書くようにしています。

あなたのライティングスキル向上の
お役に立てればと思います。
それでは、チェックしてみてください。

1.小学生にも伝わるように書く

書いている側(あなた)は、知識や経験を
記事に書いているはずです。
しかし、読み手はそこまで理解が深くない場合が多く
初心者・素人です。
普段、使っている用語も
専門用語でなくても、一般に使われていなくて
「どういう意味?」
と聞かれるかもしれません。

例えば「ニュースの解説」でも
解説者(池●彰さん?)は
説明を聞いている芸能人に分かりやすく
解説していますね。
そのくらい、わかりやすく書くのが
読者にとって読むことができる文章になります。

 

2.文章をデザインする

上手く書いているように見せるような
文章構成や形が重要になります。

文字が小さかったり、びっしり文字が書かれていたり
漢字ばかりだったり、難しい表現だと
読み進めることを途中で止めてしまいます。

できるだけ改行を入れて
文章を区切ると見やすいです。
息継ぎしやすく
3~4行くらいのまとまりにするといいです。

 

3.例えの話、会話にする

例を出して紹介、会話形式にすることも有効です。

聞き手の立場も作ることができて
想像させて印象的にすることができます。
「」を使ってみる、すると文章がやさしく見えますね。
会話によって、
『感情表現』『気持ちを出す』
が豊かになります。

 

4.数字を使う

数字は視覚的にも印象に残りやすい文字です。

この記事のタイトルにも
「5つのチェックポイント」
と、入っていますね。

数字(アラビア数字)は、目に止まりやすく
タイトルにはなるべく入れたいですね。

 

5.一人に向かって書く

多くの人に向けての文章は
主張が弱くなります。
校長先生の全校集会での訓話も
あまり頭に入らないのも
そういう原因かも知れませんね。

一人に対してだと、内容がブレず
読み手が受け取りやすくなります。
「もしかして、私に言っているの?」
というメルマガってありませんか?

その時の自分の状況や心境に合ってしまうと、
内容がとても入りやすくなります。

 

書いた後は、一度読み直して、
誤字脱字のチェックはすると思いますが、

表現がわかりづらくないか、文章が読みづらくないかなども
意識して表現してくださいね^^

 

お問い合わせはこちらです。


『アフィリエイト』に関することは
お気軽にお尋ねください。
それ以外のことでも・・お受けします。
9xwcYeNcvPBTfJb1437091426_1437091546

あなたの応援、お待ちしています!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様のご支持を頂きまして
ブログランキング1位になりました。
ありがとうございます!!   blogranking


こちらでも喜んでお受けします。

トップアフィリエイターの電子書籍を無料プレゼント中

bana-1

 

Amazonでkindle価格「1000円」で現在販売中の電子書籍です。
こちらからは無料でダウンロード』ができます。今のうちに手に入れてください。

最近のコメント

    ▲トップへ戻る