Google Analytics(グーグルアナリティクス)の見方を「ザックリ」と把握しよう

ana0

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 30 秒です。

こんにちは、キムラです。

 

サイト作成をして、
そのサイトの状況を把握・分析するツールに
『Google Analytics(グーグルアナリティクス)』
があります。

しかし、このグーグルアナリティクスは
「・・・で、どこ見たら何が分かるんだろうか」
ってなってしまいませんか?

 

今日は、ザックリと説明しましょう。
「もう、項目が多すぎて、何を見たらいいんだ~」
と、せっかくアナリティクスを設定したのに
さっぱり使えない状態じゃ、ないですか?

まずはここで
アナリティクス画面の基礎を押さえてください。

 

サイトへの入り口から出口まで

Googleアナリティクスでは、
サイトへの入り口から出口までを解析してくれます。

「入り口から出口まで?」
と思われるでしょうから、次のような流れで
ご理解してください。

 

ユーザー
「誰」がサイトへアクセスしたか

集客
「どこから」ユーザーがサイトへ来たのか

行動
「何を」ユーザーはしたのか

コンバージョン
サイトの「目的」

※コンバージョンとは「交換」「変換」という意味です。
ここでは、サイトでビジネス価値のある行動として、
ユーザーがとった行動になります。(難しい~)

つまり、サイトへ
閲覧者がどこから来て、何をして、どうなったか
その流れで分析してくれます。

ana2

Googleアナリティクスの管理画面で
「レポート」を選びます。

左側のメニューに、その4つの項目がありますね。

 

ana1

この4つの項目について
簡単にご紹介していきます。

 

ユーザー(閲覧者)

サイトに訪れて来た閲覧者の情報です。
例えば、世界のどの国の人が見たか、などです。

ana3

 

集客(どこから来たか)

ユーザーがどこから来たのか、分析できます。
どのような検索キーワードを使ったのか
アクセスする前は何のサイトだったのか
(Yahoo!Japanとかブログランキングとか)
知ることができます。

ana4

 

行動(何をしたか?)

閲覧者がサイトでどのような行動をとったか。
例えば、どのページでサイトを閉じたのか、分かります。

おそらく、この項目が最も利用することになるでしょう。

 

ana5

 

コンバージョン(サイトの目的)

そのサイトで、閲覧者に何をしてほしいのか、
その目的への行動を分析します。
(設定が必要です)

アフィリエイターにとっては
紹介URLをクリックしてもらえたかどうか、ですね。

ana6

 

最後になりますが、初心者にとって利用価値がある項目は
「集客」-「キャンペーン」-「オーガニック検索キーワード」
でしょう。
どのようなキーワードで検索されてサイトへ訪れたか、分かります。
記事を増やしていく上で、どんなキーワードを使ったらいいか
判断材料になるでしょう。

 

以上が大まかな解説でした。

 

お問い合わせはこちらです。


『アフィリエイト』に関することは
お気軽にお尋ねください。
それ以外のことでも・・お受けします。
9xwcYeNcvPBTfJb1437091426_1437091546

あなたの応援、お待ちしています!!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様のご支持を頂きまして
ブログランキング1位になりました。
ありがとうございます!!   blogranking


こちらでも喜んでお受けします。

トップアフィリエイターの電子書籍を無料プレゼント中

bana-1

 

Amazonでkindle価格「1000円」で現在販売中の電子書籍です。
こちらからは無料でダウンロード』ができます。今のうちに手に入れてください。

最近のコメント

    ▲トップへ戻る